北山 隆

(きたやま たかし)

関西でいち早くリコーダー演奏を手がけ、大阪音楽大学卒業後プロの演奏家としてデビュー。多くのリサイタルを行い大阪文化祭賞、音楽クリティッククラブ賞を受賞するなどこの分野を確立した。 1974年大阪国際フェスティバル協会の海外派遣文化交流員として渡欧、またテレマン室内管弦楽団のドイツ招聘演奏旅行に4回ソリストとして参加、リコーダーの演奏に対して絶大なる評価を得る。

演奏活動の傍ら、学校教育音楽の分野でも全国的に活動し、上方風のユニークな指導は定評がある。大阪音楽大学付属楽器博物館館長、同付属図書館館長を歴任。 この間に世界の音楽、楽器に目を向け、人と楽器のあり方を研究し、現在、リコーダー演奏・指導と共に手作り楽器を通して音楽の喜びを伝えている。 

大阪音楽大学名誉教授。藤田より改姓。

タイトルとURLをコピーしました